ロゴ 奈良県生駒市立俵口小学校の少年野球チーム

【俵口オーシャン】&【俵口フェニックス】


奈良ちびっ子野球愛好会/スポーツ少年団所属
ピチャーイラスト
トップページ トピックス・スケジュール 入部案内 キッズクラス お役立ち お問合せ
トップお役立ち > クイズ「ルールブックは私だ!」

■ 「こんな時は、どうジャッジするの?」そんな疑問にお答えするルールに関するクイズです。

お役立ちトップ
道具の選び方
道具のお手入れ
これでキマる!ユニフォームの着かた
新米パパの審判講座
新米ママのスコアブック講座
クイズ「ルールブックは私だ!」
グラウンドの作り方
野球ものしりQ&A
ママの知恵袋
リンク集

本サイトでは「新米パパの審判講座」で、審判を務める上での基本的な知識をご説明しました。ですが、実際グランドに立ってみると、判断の難しいプレーがたくさん飛び出します。

適切なジャッジを行うためには、ルールやその適用方法について、しっかりと頭に入れておくことが大切です。一番の近道は、起こりうる色々なケースに備えて、事前にシュミレーションしておくこと。

このコーナーでは、そんな色々なケースをクイズ形式で、ご紹介していきます。順次、新しいクイズを追加していきますので、審判をして頂くお父様だけではなく、選手の皆さんも是非ルールを勉強してみてください。



出題カテゴリ

 1) 用語とルールの適用

 2) 試合の運営

 3) ボールインプレーとボールデッド

 4) 打者に関するルール

 5) 走者に関するルール

 6) 投手に関するルール



用語とルールの適用


Q.001 投手の投球が、ワンバウンドした後に、ストライクゾーンを通過し、打者はこれを見送った。これはストライク?それともボール?
└→答えはコチラ


Q.002 投手の投球が、ワンバウンドした後に、それを避けようとした打者に当たってしまった。この場合のジャッジは?
└→答えはコチラ


Q.003 ワンバウンドの投球を打者が打ってしまい、フライとなった。野手がそれをノーバウンドで捕球したが、この場合のジャッジは?
└→答えはコチラ


Q.004 打球がフェア地域内で三塁に触れている走者に当たってしまった。この場合のジャッジは?
└→答えはコチラ


Q.005 ライト線上に上がったフライを、野手がグラブで触ってから落とした。野手の両足は完全にフェア地域の中にあったが、グラブが打球に触れた位置は、ファウル地域の上だった。この場合のジャッジは?
└→答えはコチラ

Q.006 打球がファウル地域に置いてあった、トンボに当たって、フェア地域に入り、止まってしまった。この場合のジャッジは?
└→答えはコチラ


Q.007 2ストライク後に打者が打ったボールが、チップして直接捕手のミットに触れた後、胸に当たってから捕球した。この場合のジャッジは?
└→答えはコチラ


Q.008 2ストライク後に打者が打ったボールが、チップして直接捕手の胸に当たり、はね返った打球を地面に触れる前に捕手が捕球した。この場合のジャッジは?
└→答えはコチラ


Q.009 一死走者一・三塁、打者が捕手前にゆるいゴロを打ち、本・一塁間の走路外(ファウル・ラインの内側)を走って、捕手からの送球を背中に当て、守備妨害の宣告を受けた。三塁走者はすでに本塁を踏んでいたが、一塁走者は二塁に達していなかった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.010 一死走者一・三塁、打者がセカンドゴロを打った。野手がボールを捕って二塁へ送球しようとした時、一塁走者と衝突したので、審判員は守備妨害を宣告。打者走者は一塁に達していなかったが、三塁走者はすでに本塁を踏んでいた。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.011 無死満塁の場面で、打者はピッチャーゴロを打った。投手は本塁に送球し、三塁走者はフォースアウトに。捕手はダブルプレーを狙って素早く一塁へ送球したが、ファウルラインの内側を走っていた打者走者の背中に送球が当たってしまった。打者走者は守備妨害でアウトを宣告されたが、一・二塁の走者は妨害発生時には、それぞれ次塁に達していた。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.012 無死満塁の場面で、打者はピッチャーゴロを打った。投手は本塁に送球し、三塁走者をフォースアウトに。捕手はダブルプレーを狙って素早く一塁へ送球したが、ファウルラインの内側を走っていた打者走者の背中に送球が当たってしまった。打者走者は守備妨害でアウトを宣告されたが、一・二塁の走者は妨害発生時に、まだ次塁へ到達していなかった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.013 打者の打った打球が、フェア地域に落ちているマスクに触れた場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.014 強風下の試合。一死走者一・二塁、打球は前進守備の遊撃手後方に高く上がったが、風に押し戻されて左翼手との中間に落ちた。走者はそれぞれ次塁に進塁し、打者も一塁に到達した。守備側はインフィールドフライではないかと申し出たが、この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.015 一死満塁、打者が一塁ベース付近にフライを打ち上げた。球審は「インフィールドフライ」を宣告したが、打球は風に流され、野手に触れることなくファウル地域に落ちた後、一塁ベース付近のダイヤモンド内からフェア地域に入った。それを見た三塁走者は本塁を突いたが、一塁手からの送球でダッグアウトとなった。この処置は正しい?
└→答えはコチラ


ページトップへ



試合の運営

Q.001 攻守交替の際に選手交代を行ったが、球審に通告することなく交代してしまった。回の途中でそのことに気が付いたが、この場合、ペナルティはあるか?
└→答えはコチラ


Q.002 攻守交替の際、通告なしに中翼手が交代していた。相手チームがその回のトップバッターがセンターフライでアウトになったところで気が付き、抗議。通告なしで交代していたので、先ほどのアウトは向こうと主張した。この場合の対処は?
└→答えはコチラ


Q.003 一死満塁から打者は外野へ安打を放った。外野手は三塁走者に続いて本塁へ走る二塁走者をアウトにしようと送球したが、大きくそれて、次打者席の近くでボールボーイに当たった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.004 観客が物を投げて守備を妨害した。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.005 野手がファウルフライを追って観客席に手を伸ばして捕ろうとした時、観客が野手のグラブをたたいて妨害したため、捕ることができなかった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.006 野手が外野に打たれたフェアフライを追って観客席に手を伸ばして捕ろうとした時、観客が野手のグラブをたたいて妨害したため、捕ることができなかった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.007 野手が外野に打たれたフェアフライを追った際、観客が観客席から身を乗り出して、外野手がフェアグランド内で捕球しようとしているボールをたたき落としてしまった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.008 二死満塁。打者のカウントが3ボール2ストライクとなったので、走者は一斉にスタートした。三塁走者は投手の投球が終わらないうちに本塁に滑り込んだが、この投球を打者が打って遊ゴロとなり、一塁でアウトになった。三塁走者の得点は認められるか?
└→答えはコチラ


Q.009 最終回裏、同点で二死満塁。打者が死球で一塁を与えられたので、決勝点となる三塁走者は本塁に向かったが、その途中で、試合終了の整列のためにベンチから飛び出してきた味方の選手と勝利の感激のあまり抱き合ってなかなか本塁に触れなかった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.010 最終回裏、同点で二死満塁。打者が死球で一塁を与えられたので、決勝点となる三塁走者は本塁を踏んだが、打者走者が一塁へ到達する前に引き返して、整列をした。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.011 同点で迎えた最終回裏。一死満塁で打者がワンバウンドで外野フェンスを越える二塁打を放った。試合終了の時点はいつ?また得点はどうなる?
└→答えはコチラ


Q.012 4対3とリードされて迎えた最終回裏の攻撃。一死満塁で打者が場外ホームランを放った。勝利した後攻チームの得点は?また試合終了の時点はいつになる?
└→答えはコチラ


Q.013 3対2とリードされていた俵口オーシャンは、最終回裏、一死満塁から打者が場外ホームランを放った。しかし打者が一・二塁間で一塁走者を追い越したため、審判員は「追い越しアウト」を宣告した。この場合の得点と試合終了時点は?
└→答えはコチラ


Q.014 5対4とリードされていた俵口オーシャンは、最終回裏、無死満塁から打者が場外ホームランを放った。しかし一塁走者が三・本塁間で前位の走者を追い越したため、アウトとなった。両チームの得点と試合終了時点は?
└→答えはコチラ


Q.015 二死満塁。場外ホームランを放った打者走者が、一塁を回ったところで、一塁走者を追い越してアウトとなった。その時、三塁走者はまだ本塁を踏んでいなかったが、この場合、得点になるか?
└→答えはコチラ


Q.016 二死満塁、打者が場外ホームランを放った。三塁走者は本塁を踏んだが、その直後、一塁走者が三・本塁間で二塁走者を追い越してしまい、三死となった。この場合の得点は何点?
└→答えはコチラ


Q.017 一死、走者一・三塁、打者がライトへヒットを打ち、三塁走者はホーム・インしたが、一塁走者は三塁への送球でアウトとなり、二死となった。この間に打者走者は二塁へ進塁したが、一塁を踏まなかったため、一塁でアピールされて、打者走者はアウトとなり、三死となった。この場合、三塁走者の得点は認められるか?
└→答えはコチラ


Q.018 二死、走者一・二塁、打者がランニング・ホームランを打ち、打者走者を含めて三人の走者がホーム・インした。この内、二塁走者が三塁を踏まなかったため、アピールされてアウトとなり、三死となった。この場合一塁走者は三塁への送球でアウトとなり、二死となった。この間に打者走者は二塁へ進塁したが、一塁を踏まなかったため、一塁でアピールされて、打者走者はアウトとなり、三死となった。この場合の得点はどうなるか?
└→答えはコチラ


Q.019 一死、走者二・三塁、打者はレフト・フライで二死となったが、三塁走者はタッグ・アップで生還した。左翼手は二塁走者が帰塁する前に二塁へ送球し、三死となった。この場合、三塁走者の得点は認められるか?
└→答えはコチラ


Q.020 二死、走者二・三塁、打者へのフォア・ボールとなる投球が暴投になった。三塁走者はホーム・イン、二塁走者は三塁へ、打者は一気に二塁へ進んだ。ところが、打者が一塁を踏まなかったため、守備側からのアピールで三死となった。この場合の得点は認められるか?
└→答えはコチラ


Q.021 二死、走者一塁、打者が右中間を抜けるヒットを放った。打者走者は三塁を回って本塁を狙ったが、外野手からの送球で三死となった。しかし、一塁走者は二塁を空過したので、守備側からアピールがあり、審判員はこのアピールを認めてアウトを宣告した。この場合、得点になるか?
└→答えはコチラ


Q.022 二死満塁。打者が左中間に長打を放ち、打者走者は三塁を狙ったが、三塁直前でアウトとなり、三死となった。二・三塁の走者は本塁を踏んだが、一塁走者については二塁空過のアピールがあり、審判員はこれを認めアウトとした。この場合の得点は何点か?
└→答えはコチラ


ページトップへ



「ボールインプレー」と「ボールデッド」

Q.001 一死走者三塁、打者がレフトへフライを打った。三塁走者は二死と思って本塁を踏んだが、一死であることに気づいて三塁に引き返そうとした時、落球したレフトは三塁に送球して、走者を三・本塁間で挟殺した。この間に、打者走者は三塁まで進んだが、この場合どうなる?
└→答えはコチラ


Q.002 走者一塁。投手からのけん制球が悪送球となったが、後ろにいた一塁審にボールが当たり、一塁走者は二塁に進塁できなかった。攻撃側から塁審に当たらなければ当然二塁に進めたのだから、二塁を与えるべきとの主張があった。この場合の対処は?
└→答えはコチラ


Q.003 走者一塁。打者はライト線にヒットを放った。一塁走者が三塁へ向かい、右翼手は三塁へ送球したが、コーチスボックス内のベースコーチに当たり、ボールがそれたため走者はホームイン、打者走者は二塁に達した。守備側からベースコーチの妨害と申し出があったが、この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.004 前問の場合で、ベースコーチが故意に送球を妨害した場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.005 走者三塁。投球を捕手が後逸し、三塁走者は本塁を突いた。ところが、後逸したボールは球審に当たり、結果三塁走者は「アウト」。攻撃側は投球が球審に触れていなければ、ホームインできたのだから、ボールデッドで三塁走者の得点は認められるべきと申し出た。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.006 一塁走者が二塁へ盗塁を試みた。捕手は送球しようとしたが、球審のプロテクターに触れてしまったため、送球ができなかった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.007 一死走者二塁。三振目の球を捕手が落球し、一塁に送球しようとした時、球審のプロテクターに触れて悪送球となった。守備側から球審の妨害で打者アウトではないかと申し出てきたが、この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.008 走者二塁。打者三振の時、二塁走者は三塁盗塁を試みた。捕手がこの走者を指そうとして送球しようとしたが、球審が妨害した。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.009 一塁走者のリードが大きいので、捕手が一塁へ送球するとき、球審に触れて悪送球となったので、走者は二塁へ進んだ。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.010 一塁走者のリードが大きいので、捕手が一塁へ送球したとき、球審の妨害があった。その送球で走者が追い出されてランダム(挟殺)プレーとなった。しかし野手の悪送球で三塁走者は進塁した。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.011 一塁走者が二塁へ盗塁する時、捕手は球審に妨害されながら二塁へ送球。走者は途中で一塁へ戻りかけてランダム(挟殺)プレーとなったが、野手がエラーをしたため走者は二塁へ進塁した。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.012 打者がファウル・ボールを打った時、塁を離れた走者が塁に戻ろうとしないので、審判員は何度も注意したが、なかなか戻らなかった。この場合、審判員はどう対処すべき?
└→答えはコチラ


Q.013 無死、走者一・二塁。ツー・ストライク後の投球を打者が空振りし、そのボールが球審のマスクに挟まった。捕手がマスクからボールを外して一塁へ送球したが、悪送球となり、二人の走者はホームイン。打者走者も二塁に進んだ。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.014 一死、走者二・三塁。ツー・ストライク後の投球を打者が空振りし、そのボールが直接、球審のマスクに挟まった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.015 投手が投球動作に入った後、攻撃側のベンチから「タイム」の要求があったが、投手はそのまま投球を行い、ストライクとなった。攻撃側から「タイム」を要求していたから、先ほどのストライクは無効との主張があったが、この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.016 試合中、試合の結果を左右する非常に大事な場面で、選手が緊急に治療を要するような不慮の事故が起きた。この場合、審判員は直ちに「タイム」を宣告しても良いか?
└→答えはコチラ


Q.017 ボール・デッド中に、投手が新しいボールを持って投手板に近づいた時、球審が「プレイ」を宣告した。投手は投手板を踏まないまま一塁に送球して、走者はアウトとなった。このプレーは有効か?
└→答えはコチラ


ページトップへ



打者に関するルール

Q.001 捕手がファイル・フライをマスクで受け止めた。これはアウトになるか?
└→答えはコチラ


Q.002 捕手がフライを胸に当ててからミットで捕らえた。これはアウトになるか?
└→答えはコチラ


Q.003 二死走者なし。打者はカウント3ボール2ストライクから、ワンバウンドの投球を空振りして一塁へ走った。捕手はこのボールをミットに収めたので、そのまま攻守交替のため、ベンチへ帰りかけた。この場合、どうなるか?
└→答えはコチラ


Q.004 一死走者一塁の場面で、前問のようなプレーが起きた場合、どうなるか?
└→答えはコチラ


Q.005 一死走者一塁。打者が2ストライク後のワンバウンドの投球をファウルチップし、捕手が直接捕球した。この場合、アウトになるか?
└→答えはコチラ


Q.006 無死走者二塁。打者は2ストライク後にスリーバントを行った。バットに球は当たらなかったが、捕手が後逸。打者走者は一塁へ、二塁走者は三塁へ進塁した。この時、守備側からスリーバント失敗で打者アウトではないかと申し出があった。この場合、どう処置したらよいか?
└→答えはコチラ


Q.007 一死走者二・三塁。打者は3ボール2ストライクから次の投球を空振り、ボールが打者の身体に触れてバックネットの方に転がった。走者はいずれもホームインしたが、守備側から、今のはファウルボールではないかと申し出があった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.008 一死走者三塁から、スクイズプレイが行われた。打球はバッターボックスを出たところで打者走者の足に当たった。球審は三塁から本塁へ突入してきた走者ににアウトを宣告したが、この処置は正しいか?
└→答えはコチラ


Q.009 打者が一塁方向にゆるいゴロを打った。この打球を捕った捕手が一塁に送球したが、一塁手前でライン上を走っていた打者走者の左腕に当たった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.010 無死走者二・三塁からスクイズプレイが行われた。ピッチャーゴロとなったが、三塁走者はホームイン。投手からの送球を受けた捕手は直ちに一塁へ送球したが、スリーフットレーンの手前で打者走者に当たり、ボールが転がる間に二塁走者もホームイン、打者走者も一塁に出た。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.011 一死、走者一塁から、打者はセカンド・フライを打ち上げた。二塁手が捕球する直前に後ろに下がり、わざとショート・バウンドでボールを捕球。4-6-3のダブル・プレーとなった。攻撃側から故意落球で打者アウトではないかと申し出があったが、この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.012 一死、走者一塁から、打者はセカンド・フライを打ち上げた。二塁手は打球を胸に当てて落球した後、そのボールを拾って二塁へ送球。転送されて4-6-3のダブル・プレーとなった。攻撃側から故意落球で打者アウトではないかと申し出があったが、この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.013 無死、走者一塁から、ショート・ゴロを捕球した遊撃手は二塁手に送球して走者を二塁でフォース・アウトにした。さらに二塁手は一塁転送を試みたが、アウトとなった一塁走者が二塁手の身体に抱きついたため、一塁に送球できなかった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.014 二死、走者三塁、ボール・カウント3B-2Sからの投球。ホーム・スチールを試みた三塁走者が、その投球に触れてしまったが、投球自体はストライクであった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.015 二死、走者二・三塁、ボール・カウント3B-2Sからの投球。ホーム・スチールを試みた三塁走者が、その投球に触れてしまったが、投球がボールであった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.016 一死、走者三塁から、スクイズが行われた。投球が高かったため打者は飛び上がってバットに当て、見事成功させたが、着地したときに両足とも完全にバッターボックスの外だった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.017 ボール・カウント 2B-1Sから、打者は投球の際、左足をバッターボックスの外に踏み出して、空振りした。この場合、反則打球となるか?
└→答えはコチラ


ページトップへ



走者に関するルール

Q.001 一死走者一塁の時、打者が左中間にフライを打った。走者は抜けると思って二塁を経て三塁に向かったが、レフトが捕球したので、二塁を踏まずに一塁に戻った。この時、二塁手は一塁走者の二塁空過に気づいて、二塁に触球してアピールした。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.002 走者二・三塁。投手のけん制球で三塁走者は三-本塁間にはさまれたが、三塁へ戻った。この時、二塁からの打者も三塁に到達していた。三塁手は二人の走者にダッグした。この場合、アウトになるのはどちらの走者か?
└→答えはコチラ


Q.003 三塁に2人の走者が触れている状態で、野手はまず三塁走者にタッグし、三塁走者はアウトと思って塁を離れた。次に野手は二塁走者にもタッグした。この場合の審判員の処置は?
└→答えはコチラ


Q.004 二死満塁。打者が四球で一塁に達した後、二塁方向へ不用意に塁を離れたので、捕手は一塁へ送球して走者をアウトにして攻守交替となった。三塁走者は一塁走者がアウトになった後に本塁へ到達したが、この場合の得点は認められるか?
└→答えはコチラ


Q.005 一死走者二塁。打者がベンチ前にフライを打ち上げた。捕手はこれを捕らえたが、ベンチ内に倒れこんでしまった。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.006 一死走者二塁。ファウルフライを捕手がダッグアウト内に入り込んで捕球した。これを見た二塁走者はリタッチして三塁に進塁した。この場合の進塁は認められるか?
└→答えはコチラ


Q.007 一死走者二塁。ファウルフライを捕手がダッグアウト内に入り込んで捕球したが、ダッグアウト内で倒れ込んでしまった。二塁走者はリタッチして三塁に進塁した。この場合の進塁は認められるか?
└→答えはコチラ


Q.008 打者が二塁手頭上にライナーを打った。二塁手は打球にグラブを投げ当てたが、打球はそのまま右中間を抜けて行った。打者走者は三塁を通過して本塁へ向かったが、三塁空過(踏み忘れ)に気づいて塁へ戻ろうとした。しかし、それより早くボールは転送されて三塁手が塁上で空過のアピールをした。このアピールは成立するか?
└→答えはコチラ


Q.009 打者が二塁手頭上にライナーを打った。二塁手は打球にグラブを投げ当てたが、打球はそのまま右中間深く転がった。これを見た打者走者は一気に本塁まで生還した。この得点は認められるか?
└→答えはコチラ


Q.010 打者がホームラン性のフライを打った。野手が打球にグラブを投げ当てたため、打球はグランド内に落ちた。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.011 打者が放ったライナーに、野手がグラブを投げて止めようとしたが、打球に当たらなかった。攻撃側はグラブを投げたので、3個の進塁が与えられるのではないかと申し出たが、この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.012 打者が遊撃手の頭上にライナーを放った。遊撃手はグラブを投げて打球に当てたが、打球はそのまま左中間へ転がった。野手がグラブを打球に投げ当てたので、打者は三塁まで進塁できる権利があるが、二・三塁間を走っている時、外野手からの送球が悪送球となってスタンドに入ってしまった。このような場合、どこまで走者を進めるべきか?
└→答えはコチラ


Q.013 三・本塁間のファウル・エリアを転がっている打球に、三塁手がグラブを投げ当てた。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.014 キャッチャー前のゴロを捕った捕手の一塁への送球が高くそれたので、一塁手はミットを投げ当てた。どう処置したら良いか?
└→答えはコチラ


Q.015 走者一塁、投手が投手板から一塁へ送球したが、横にそれたため、一塁手はミットを投げ当てた。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


ページトップへ



投手に関するルール

Q.001 投手が投手板に触れないでサインを見た。構わないか?
└→答えはコチラ


Q.002 投手がサインを見終わってから、軸足を投手板からはずした。構わないか?
└→答えはコチラ


Q.003 投手が打者に投球する際にとらなければならない投球姿勢とは何か?またその内容・違いは?
└→答えはコチラ


Q.004 投手は正規の投球姿勢をとる時、軸足がどんな形でも投手板に触れていれば、構わないのか?
└→答えはコチラ


Q.005 走者三塁。明らかにワインドアップポジションをとった投手が、投手板に触れたまま自由な足を投手板より前方に移してセットポジションをとった。これは構わないか?
└→答えはコチラ


Q.006 投手がセットポジションをとるとき、身体の前面なら、どこでボールを両手で保持しても良いか?
└→答えはコチラ


Q.007 走者がいる場合、投手がセットポジションで静止してから肩を動かした。この場合の処置は?
└→答えはコチラ


Q.008 投手が振りかぶりながら、投手板に足を触れて、打者に投球を行った。構わないか?
└→答えはコチラ


Q.009 「ボーク」と「反則投球」の違いは?
└→答えはコチラ


Q.010 走者三塁。セットポジションから投球動作に入った右投手が、上げた自由な足を止め、三塁走者を見てから打者に投球した。構わないか?
└→答えはコチラ


Q.011 ワインドアップ・ポジションから投球する投手が、自由な足を一歩後方に引いた後、さらに投手板の前に踏み出して打者に投球した。構わないか?
└→答えはコチラ


Q.012 投手が走者を見たまま、打者を見ないで投球した。構わないか?
└→答えはコチラ


Q.013 走者三塁、投手がワインドアップ・ポジションから投球しようとした際、足がもつれて投球できなかった。故意ではないが、これはボークとなるか?
└→答えはコチラ


Q.014 走者三塁、投手がワインドアップを始めた時、打者が急に打撃姿勢をやめたので、投手は投球を中止した。これはボークとなるか?
└→答えはコチラ


Q.015 走者一塁、投手が投球動作を始めた時、攻撃側のベンチから大声で「タイム!」と叫んだので、投手は投球を中止した。これはボークとなるか?
└→答えはコチラ


ページトップへ



Copyright (C) 2011 Tawaraguchi Ocean & Phoenix  All rights reserved.