ロゴ 奈良県生駒市立俵口小学校の少年野球チーム

【俵口オーシャン】&【俵口フェニックス】


奈良ちびっ子野球愛好会/スポーツ少年団所属
ピチャーイラスト
トップページ トピックス・スケジュール 入部案内 キッズクラス お役立ち お問合せ
トップお役立ち新米パパの野球審判講座 > 8. 二塁審について

■ 初めての方にもよく分かる「審判講座」です。

お役立ちトップ
道具の選び方
道具のお手入れ
これでキマる!ユニフォームの着かた
新米パパの審判講座
はじめに .
1. 基本のキホン .
2. 服装・持ち物 .
3. 審判の流れ .
4. 審判の心得 .
5. ジェスチャーとコール .
6. 一塁審について .
7. 三塁審について .
8. 二塁審について .
9. 球審について .
10. フォーメーション .


新米ママのスコアブック講座
クイズ「ルールブックは私だ!」
グラウンドの作り方
野球ものしりQ&A
ママの知恵袋
リンク集
8. 二塁審について

二塁審には、3つのポジションがあり、走者の状況によってポジションを変えないといけません。また、外野への打球の責任範囲も広いため、外野へボールを追う機会も多いと思います。つまり、二塁審は塁審の中でもっとも動きの必要な審判だと思います。ただ、盗塁と打者走者の二塁進塁を除けば、フォース・プレーとなりますので、状況の整理はしやすいと思います。また、ファウルやハーフ・スイングの判定もなく、比較的打球に集中できるのではないでしょうか?


1. 二塁審の主な仕事

1) 二塁上のプレーのジャッジ(送球&盗塁&けん制球等)

2) 外野責任範囲へのフライ、ライナーの捕球判定

3) 外野へ飛んだ打球の確認

4) タッグ・アップの確認

5) 他の塁審が外野へ打球を追った場合のベース・カバー(一塁または三塁)


2. 投球時のポジショニング

1) 一・二塁に走者がいない場合(走者なし、走者三塁)

一塁と二塁を結んだ線の延長上で、
二塁ベースから5〜6メートル後方に
離れた場所に位置をとって、
本塁に正対して構えます。

センターの守備の邪魔にならないよう
注意して下さい。
二塁審 定位置

2) 一塁に走者がいて、二塁にいない場合(走者一塁、一・三塁)

一塁走者の二塁への盗塁に備え、上記1)の走者なしの位置から本塁方向へ前進し、二塁と三塁を結んだ線から2〜3m本塁側へ進んだ位置(ショートの前辺りです)で、本塁に正対して構えます。

一塁走者が二塁盗塁する際のスタートがわかりやすく、また内野ゴロなどで二塁でのフォースプレーを判定するポジションに近いことがメリットです。

※ 2013年シーズンより、このボジションは無くなり、すべて3)のセカンド前に位置します。
二塁審 走者一塁

3) 二塁に走者がいる場合(走者二塁、一・二塁、二・三塁、満塁)

上記2)の走者一塁の時のポジションを、
本塁と二塁を結んだ線を軸にして、
一塁方向へ反転させた位置で、
本塁に正対して構えます。

けん制球のダッグ・プレイが見やすい
位置になります。
二塁審 走者二塁

4) 走者が三塁にいる場合で、内野が前進守備の場合
走者三塁はもとからダイヤモンドの外に位置しますが、走者一・三塁、二・三塁または満塁の状況で、内野手が前進守備の場合、本来ならダイヤモンド内側に位置するべきですが、中で構えると、セカンドやショートの守備の邪魔になりますので、1)の位置(走者なしの位置)に構えます。


3. ジャッジのポイント

1) フォース・プレーは遠くから、タッグ・プレーは近くでジャッジする方が分かりやすいです。アウト・カウントはもちろん、走者の状況を見て二塁が「フォース・プレイ」になるのか、「タッグ・プレイ」になるのかは、常に頭の中へ入れておく必要があります。

2)
二塁ベース上のジャッジは、基本的にダイヤモンドの中に入って行います。

原則として、送球の方向に対して垂直(90度)に近い角度からプレーを見ます。

タッグ・プレーの場合、タッグの良く見える位置も意識して下さい。

タッグ後にボールを保持しているかどうかも要確認です。
二塁審 ジャッジ位置

3) フォース・プレーは、走者の触塁と二塁手の捕球の音(ボールがグラブに入る音)を参考にするなど、視覚だけでなく聴覚も働かせてジャッジすると良いです。もちろん捕球音の後、確実に捕球されているかを確認する必要はあります。


4. 内野へ打球が飛んだら

1) 打球の飛んだ方向と打球の種類を確認します。

2)-1 必要に応じ、「インフィールド・フライ」の宣告を行います。

2)-2 ダイヤモンド外にいる場合は、ダイヤモンドの中へすばやく移動します。

3) ベスト・ボジションに移動したら、捕球した野手の送球が二塁ベースをそれていないことを確認した上で、いったん送球から目を切り、二塁ベースに正対して「Look」の姿勢をとり、ベース上でのジャッジに備えます。

4) 塁上のプレーを注視し、正確なジャッジを下します。

5) 送球がそれたり、野手が他の塁に送球したため、二塁上ではプレーが行われずに、そのまま打者走者が三塁へ向かった場合なども、走者の二塁への触塁をきちんと確認しておく必要があります。あとから「ベースを踏んでいません。」とアピールがあった場合、触塁を確認していないと、ジャッジすることができません。


5. 外野へ打球が飛んだら

1) 打球の飛んだ方向と打球の種類を確認します。

2)-1 二塁審が担当する外野への打球に対しては、打球を追って外野へ走り、捕球の確認やホームランの判定などを行います。(いったん内野を離れ、外野へ打球をおった場合は「追い切り」で、それ以降の内野でのジャッジに加わる必要はありません。あとは残った審判員のフォーメーションで対応します。)
投球時ダイヤモンドの中に位置している場合には、外野の打球は追いません。

2)-2 投球時ダイヤモンド外に位置している場合、フライまたはライナーに対し、野手のノー・バウンド捕球の判定を行います。捕球すれば「アウト」のジェスチャーで『キャッチ!』、捕球できない場合は、「セーフ」のジェスチャーで『ノー・キャッチ!』とコールします。

2)-3 ヒットやホームランなどで走者が二塁を回って本塁へ向かう時には、走者の二塁触塁を必ず確認します。

2)-4 必要に応じ、一塁または三塁のカバーに入ります。(他の塁のカバーに入るフォーメーションについては、フォーメーションの項でご説明します。)

※ 外野の打球の責任範囲については、フォーメーションの項で説明しています。


6. 二塁へ盗塁があった場合

1) 一塁走者がいる場合、投手の投球の際に、走者の二塁盗塁に備え、一塁走者の姿を視界の端に入れておきます。

2) 一塁走者がスタートを切った場合、捕手の送球を確認しながら、反転して二塁方向へ向き直り、「Look」の姿勢をとります。

3) 捕手からの送球と、走者の触塁、二塁ベース上でのタッグをしっかり確認してジャッジします。

ページトップへ


7. 三塁審について < 8. 二塁審について > 9. 球審について


Copyright (C) 2011 Tawaraguchi Ocean & Phoenix  All rights reserved.