ロゴ 奈良県生駒市立俵口小学校の少年野球チーム

【俵口オーシャン】&【俵口フェニックス】


奈良ちびっ子野球愛好会/スポーツ少年団所属
ピチャーイラスト
トップページ トピックス・スケジュール 入部案内 キッズクラス お役立ち お問合せ
トップお役立ち新米パパの野球審判講座 > 6. 一塁審について

■ 初めての方にもよく分かる「審判講座」です。

お役立ちトップ
道具の選び方
道具のお手入れ
これでキマる!ユニフォームの着かた
新米パパの審判講座
はじめに .
1. 基本のキホン .
2. 服装・持ち物 .
3. 審判の流れ .
4. 審判の心得 .
5. ジェスチャーとコール .
6. 一塁審について .
7. 三塁審について .
8. 二塁審について .
9. 球審について .
10. フォーメーション .


新米ママのスコアブック講座
クイズ「ルールブックは私だ!」
グラウンドの作り方
野球ものしりQ&A
ママの知恵袋
リンク集
6. 一塁審について

審判員の難易度は、易しい方から、三塁審<一塁審<二塁審<球審と言われます。初めて審判に挑戦されるパパさんが最初に担当されるのが、たいてい一塁審か三塁審だと思います。まずは一・三塁の審判から説明してみたいと思います。

一塁審は、球審以外の塁審の中では、最もジャッジの機会が多い審判ではないでしょうか。ですが、けん制球や塁間の走者が戻ってくるケースを除いて、すべてフォース・プレーとなりますので、走者の触塁と野手の捕球のタイミングをしっかり見ておきさえすれば、比較的難易度は低いと言えるでしょう。


1. 一塁審の主な仕事

1) 一塁上のプレーのジャッジ(送球&けん制球等)

2) 右打者のハーフ・スイングのジャッジ

3) 一塁線・ライト線のファウル・ラインのジャッジ

4) 外野責任範囲へのフライ、ライナーの捕球判定

5) 外野へ飛んだ打球の確認

6) タッグ・アップの確認

7) 他の塁審が外野へ打球を追った場合のベース・カバー(本塁または二塁)

8) 攻守交替時のプレート清掃&投球練習数確認と、守備側ベンチの追い出し(早く守備につくよう促すことです。)次の攻撃側チーム寄りの塁審が投球練習を確認し、反対側の塁審がベンチの追い出しをします。


2. 投球時のポジショニング

1) 一塁に走者がいない場合
一塁ベースからファウル・ラインに沿って後方へ5〜7m程度のファウル・グランド側で、本塁に正対して構えます。

以前はファウル・ラインをまたいで構えていたそうですが、現在はファウル・グランド側に入って構えます。これは、打球が当たった場合に、ファウル・ボールであることを明確にするためのようです。

外野手が前進守備の場合などは、ライトの選手よりも後方へ下がることのないよう、ポジションを調節して下さい。
一塁審定位置

2) 一塁に走者がいる場合
けん制球などのダッグ・プレイを確認しなければなりませんので、一塁ベース後方3〜5mの位置まで前に出ます。
投手のボークなども見なければなりませんので、投手−捕手の中間辺りに正対して構えます。
けん制球はいつ投げてくるかわかりません。プレートを踏んでから投げるとも限りません。
くれぐれも気を抜かないようにして下さい。
一塁審位置 走者一塁
3. ジャッジのポイント

1) フォース・プレーは遠くから、タッグ・プレーは近くでジャッジする方が分かりやすいです。

2) 原則として、送球の方向に対して垂直(90度)の角度からプレーを見ます。
二塁手、三塁手、遊撃手からの送球は、フェア・グランドに入ってジャッジ。捕手からの送球に対しては、ダイヤモンドの中へ移動。ライト・ゴロに対してはファウル・グランドのベース横まで移動。ピッチャーが一塁ベース・カバーに入るケースはファウル・ライン上にいると安全かつよく見えます。

内野ゴロの場合
一塁審 内野ゴロ動き

ライトゴロの場合
一塁審 ライトゴロ 動き

投手による一塁ベース・カバーの場合
一塁審 投手ベースカバー 動き

キャッチャー・ゴロの場合
一塁審 捕手ゴロ 動き

3) フォース・プレーは、走者の触塁の音(ベースを踏む音)と一塁手の捕球の音(ボールがグラブに入る音)を参考にするなど、視覚だけでなく聴覚も働かせてジャッジすると良いです。もちろん捕球音の後、確実に捕球されているかを確認する必要はあります。


4. 内野へ打球が飛んだら

1) 打球の飛んだ方向と打球の種類を確認します。

2) 一塁側ファウル・ライン付近の打球で、一塁ベースを越える打球に対しては、一塁審が「フェア」・「ファウル」のジャッジをします。可能な限りラインをまたいで、「Look」の姿勢からジャッジして下さい。
一塁コーチャーズ・ボックスの本塁側のラインより後方のファウル・フライは、一塁審が「キャッチ」のジャッジをします。

3)-1 必要に応じ、「インフィールド・フライ」の宣告を行います。

3)-2 二塁手、三塁手、遊撃手への打球に対しては、一二塁間後方の適切な位置(送球に対して垂直の位置)へ移動して、「Look」の姿勢からジャッジを行います。

3)-3 一塁側で、投手がベース・カバーに入るような打球の場合はファウル・ライン上、一塁後方へ移動。

4) ベスト・ボジションに移動したら、捕球した野手の送球が大きくベースをそれていないことを確認した上で、いったん送球から目を切り、一塁ベースに正対して「Look」の姿勢をとり、ベース上でのプレーに備えます。

5) 塁上のプレーを注視し、正確なジャッジを下します。

6) 送球がそれたり、野手が他の塁に送球したため、一塁上ではプレーが行われずに、そのまま打者走者が二塁へ向かった場合なども、打者走者の一塁への触塁をきちんと確認しておく必要があります。あとから「ベースを踏んでいません。」とアピールがあった場合、触塁を確認していないと、ジャッジすることができません。


5. 外野へ打球が飛んだら

1) 打球の飛んだ方向と打球の種類を確認します。

2) 一塁側ファウル・ライン付近の打球で、一塁ベースを越える打球に対しては、一塁審が「フェア」・「ファウル」のジャッジをします。可能な限りラインをまたいで、「Look」の姿勢からジャッジして下さい。
外野への飛球(特に落下までに時間のあるフライ)に対しては、外野方向へ少し追ってから「Look」の姿勢をとります。

3)-1 一塁審が担当する外野への打球に対しては、打球を追って外野へ走り、捕球の確認やホームランの判定などを行います。(いったん内野を離れ、外野へ打球を追った場合は「追い切り」で、それ以降の内野でのジャッジに加わる必要はありません。あとは残った審判員のフォーメーションで対応します。)

3)-2 フライまたはライナーに対し、野手のノー・バウンド捕球の判定を行います。捕球すれば「アウト」のジェスチャーで『キャッチ!』、捕球できない場合は、「セーフ」のジェスチャーで『ノー・キャッチ!』とコールします。

3)-3 ヒットやホームランなどで打者が一塁を回って二塁へ向かう時には、打者走者の一塁触塁を必ず確認します。その後、必要に応じ、本塁または二塁のカバーに入ります。(他の塁のカバーに入るフォーメーションについては、フォーメーション項でご説明します。)

※ 外野の打球の責任範囲については、フォーメーションの項で説明しています。

ページトップへ


5. ジェスチャーとコール < 6. 一塁審について > 7. 三塁審について


Copyright (C) 2011 Tawaraguchi Ocean & Phoenix  All rights reserved.