ロゴ 奈良県生駒市立俵口小学校の少年野球チーム

【俵口オーシャン】&【俵口フェニックス】


奈良ちびっ子野球愛好会/スポーツ少年団所属
ピチャーイラスト
トップページ トピックス・スケジュール 入部案内 キッズクラス お役立ち お問合せ
トップお役立ち > スコアブック講座−用語と略号・記号

■ 初めての方にも良くわかる「スコアブック」のつけ方講座です。

お役立ちトップ
野球道具の選び方
道具のお手入れ
これでキマる!ユニフォームの着かた
新米パパの審判講座

1. スコアブックとは .
2. 守備位置 .
3. 用語と略号・記号 .
4. 1打席分の記入 .
5. スコア記入の流れ .
6. ケース・スタディ .
7. 練習問題 .

クイズ「ルールブックは私だ!」
グラウンドの作り方
野球ものしりQ&A
ママの知恵袋
リンク集

野球用語と略号・記号

本項では、スコアブックをつける上で必要となる、「野球用語」と、
それを表す「略号・記号」について勉強していきます。

1) ボール・カウント
投手の投球、1球1球に、球審や塁審が宣告してくれます。

」: ストライク。投手の投球が、ホームベース上のストライク・ゾーンを通過、または通過しなくても打者が空振りした場合に、球審が宣告します。球審が体を伸ばし、右手を上げて「ストライーク!」とコールします。空振りのストライクを「●」で表して、見逃しと区別する記入法もあります。ストライクが3個で、打者はアウトとなります。(ただし、振り逃げの場合を除きます。振り逃げについては後述。)

」: ボール。投球がストライク・ゾーンを通過しなかった場合で、かつ打者が空振りしなかった場合に、球審が構えたままの姿勢で「ボール!」とコールします。ボール4個で、四球(フォア・ボール)となります。

」: ファウル。投球を打者がバットに当て、ファウル・ゾーンに打球が落ちた場合にファウルとなり、球審および塁審が両手を上に上げて、「ファウル」または「ファウル・ボール」とコールします。ファウルとなった場合、2ストライクになるまでは、ストライクが1個追加されますが、2ストライクからは何度ファウルを放っても、2ストライクのままです。

」: けん制。投手がマウンドから走者をアウトにするために、走者のいる塁へ送球することを、「けん制(球)」と呼び、「>」の記号で表します。


2) 四死球・三振・振り逃げ
B」: 四球(フォア・ボール)。Base on ballsの「B」です。ボールの投球が4個となると、四球(フォア・ボール)となり、打者に一塁への進塁が与えられます。
四球によって塁上で次の打者走者(走者)に押し出された走者には、次塁への進塁が認められます。

IB」: 敬遠による四球。捕手が立ち上がって、意図的にボールの投球を行い、四球となった場合、俗に「敬遠」と呼びます。四球であることには変わりありませんが、意図的(Intentional)の「I」を取って、「IB」と表現します。
ちなみに、敬遠とみなされるのは、4個目のボールの投球を意図的に外した場合に限られますので、3個目までのボールについては、捕手が立っていても、座っていても、一切関係ありません。

DB」: 死球(デッドボール)。投手の投球がバットや捕手に当たる前に、直接打者に当たった場合、死球(デッド・ボール)となり、球審は両手を上げてタイムをかけ、「デッド・ボール」または「ヒット・バイ・ピッチ」とコールして、球の当たった部分を球審自身の体で指し示します。
死球が発生すると、四球と同じく、打者に一塁への進塁が与えられ、塁上で次の打者走者(走者)に押し出された走者には、次塁への進塁が認められます。
四球との違いは、タイムがかかっているので、プレーが一時中断(ボール・デッド)していることです。

K」: 見逃し三振。ツー・ストライクからの投球を打者が見逃し、ストライクとなった場合には、3ストライクとなり、三振でアウトとなります。
ツー・ストライクから、3個目のストライク(見逃し、空振り、ファウル・チップ)の投球を捕手が完全捕球すると、打者はアウトとなります。完全捕球とはストライクの投球を捕手がミットまたは手で直接捕球することを言います。地面に触れたり、体の他の部分に当たった場合、完全捕球とはならず、いわゆる「振り逃げ」が発生し、打者にタッチするか、一塁または押し出された塁へ送球することでアウトとなります。

SO 空振り三振。ツー・ストライクからの投球を打者が空振りした場合には、3ストライクとなり、三振でアウトとなります。「SO」とは、「Swing Out」の頭文字です。
「振り逃げ」になるケースは、上記の見逃し三振の場合と同じです。

K(反転)」: 振り逃げ。投手の暴投により振り逃げが発生した場合、このように記録します。
振り逃げにより、出塁した場合には、「’」をつけて、『K(反転)’』と記入します。


3) アウトカウント、得点、残塁
T」: 一死(ワン・アウト)

U」: 二死(ツー・アウト)

V」: 三死(スリー・アウト)。攻守交替となります。

」: 得点(非自責点)自責点の区別をしない場合は、全得点を「○」で記入。

」: 得点(自責点)。ゲーム後に自責点の判断を行い、塗りつぶせば良いと思います。

L(筆記体)」: 残塁(塁上の走者が、本塁に帰ることなく、スリー・アウトとなった場合)


4) 打球の種類
」: フライ(飛球)。いったん空中に上がってから落下する打球をフライ(飛球)と呼び、守備位置の数字の上に「⌒」を記入して表します。

ファウルフライ」: ファウル・フライ(邪飛)。打者の放ったフライを、野手がファウル・グランドで捕球した場合にファウル・フライとなります。守備位置の数字の横に「F」と記入、さらに上に「⌒」を記入してフライであることを表します。

ゴロ 」: ゴロ。地面に触れて転がる打球を「ゴロ」と呼び、「ゴロ」で表します。守備位置の数字の下に「ゴロ」を記入することで、どの野手へのゴロであるのかを示します。

」: ライナー。フライのように山なりではなく、直線的に飛んでいく打球を「ライナー」と呼び、「−」で表します。守備位置の数字の上に「−」を記入し、どの野手へのライナーであるのかを示します。

8・」: 守備位置の数字の周囲に、打球の飛んだ位置を「・」で記入します。「・」がボールの位置を表し、野手とボールの位置関係を表現します。左の例の場合は、センター右側の打球。「8.9」なら、右中間手前への打球ということになります。

」: 野手がはじいた打球を、他の野手が捕球した場合、「・」で表します。「1・4-3」であれば、投手がはじいた打球をセカンドが捕球し、一塁へ送球したことを表します。

IFF」: インフィールド・フライ。無死または一死で、走者一・二塁または満塁の場面で、打者が内野にフライを打ち上げ、審判員が問題なく野手が捕球できると判断した場合、「インフィールド・フライ!」を宣告し、打者はアウトとなります。
仮に、野手がフライを落としたとしても、インフィールド・フライを宣告した時点で打者はアウトとなっています。これは、わざと野手が落球することで、ダブル・プレーやトリプル・プレーを狙うことを阻止するための特別ルールです。


5) バッテリー・エラー
W」: 暴投(ワイルド・ピッチ)。投手が捕手の取れないような投球を行ったために起こるエラー(失策)を「暴投(ワイルド・ピッチ)」と呼び、投手のエラーとなります。具体的には、捕手の届かないところに投球した場合や、バウンドする投球などの場合に暴投とされます。エラーではありますが、スコア上は「W」と表現します。「WP」と書くこともあるようです。

P」: パス・ボール(捕逸)。捕手が通常捕球できるような投球を、落としたり、そらしたりすることで起こるエラー(失策)を「パス・ボール(捕逸)」と呼び、捕手のエラーとなります。エラーではありますが、スコア上は「P」と表現します。「PB」と書くこともあるようです。

BK」: 投手が、走者のいる場面で、走者や打者をだますような不正な行為・投球等を行った場合、審判員は「ボーク」を宣告します。走者がいる状況でボークが発生した場合、走者に次塁への進塁が与えられます。


6) 塁上・塁間のプレー
S」: 盗塁(スチール)。走者が投球時に次塁へ進塁することを「盗塁(Steal;スチール)」と呼び、頭文字を取って「S」で表現します。

CS」: 盗塁失敗。盗塁を試みたが、失敗した場合、「Caught Stealing(捕まった盗塁)」の頭文字をとって、「CS」と表現します。

DS」: ダブル・スチール(重盗)。塁上の2人の走者が同時に盗塁することを、「ダブル・スチール(Double Steal)」と呼び、頭文字を取って「DS」と表します。

TS」: トリプル・スチール(三重盗塁)。塁上の3人の走者が同時に盗塁することを、「トリプル・スチール(Triple Steal)」と呼び、頭文字を取って「TS」と表します。
我がチームが所属する奈良ちびっこ野球愛好会では、安全のためにホームスチール(本塁への盗塁)は禁止されていますので、トリプル・スチールが起こることはありません。

DP」: ダブル・プレー(併殺)。一連のプレーの中で、2個のアウトが発生することを「ダブル・プレー(Double Play)」と呼び、頭文字を取って「DP」と表現します。「一連のプレー」とは、投手の投球から、ボール・デッドとなるまで、または投手にボールが帰って来るまでという理解で概ね問題ないと思います。6-4-3等の内野ゴロでのダブル・プレーや、フライやライナーで飛び出した走者のリタッチ義務によるダブル・プレーが代表的です。
また、ダブル・プレーは、俗に「ゲッツー」とも呼ばれます。「ゲット・ツー・アウト(Get Two Outs)」の略です。

TP」: トリプル・プレー(三重殺)。一連のプレーの中で、3個のアウトが発生することを「トリプル・プレー(Triple Play)」と呼び、頭文字を取って「TP」と表現します。非常に珍しいプレーですが、時々起こります。

TO」: タッチ・アウト。ボールを持った野手が、打者走者または走者にタッチしてアウトとなった場合、「TO」と記入してフォース・アウトと区別することもできます。

A」: 野手が捕球後、一塁を踏んだことを表します。「3A」なら一塁手が捕球後、一塁ベースを踏んだということになります。

B」: 野手が捕球後、二塁を踏んだことを表します。ショートが捕球後、二塁を踏んだ場合、「6B」となります。

C」: 野手が捕球後、三塁を踏んだことを表します。サードが捕球後、三塁を踏んだ場合、「5C」となります。

H」: 野手が捕球後、本塁を踏んだことを表します。捕手が捕球後、投手にトスをして、投手が本塁を踏んだ時には、「2-1H」となります。


7) 犠打・犠飛
」: 犠打(犠牲バント)。走者を次の塁に進めるために行うバント(送りバント)や、三塁走者を本塁へ迎え入れるためのバント(スクイズ)などを「犠打」と呼び、「◇」の記号で表します。犠打は打席数には数えませんが、スクイズが成功した場合の打点はカウントされます。

」: 犠飛(犠牲フライ)。三塁に走者がいる状況で、打者がフライ(飛球)を打ち上げ、タッチ・アップにより三塁走者が本塁へ生還した場合、その打席を「犠飛(犠牲フライ)」と記録し、「◇」で表します。犠飛は広義の「犠打」に含まれますので、同じ記号で表します。一塁走者または二塁走者がタッチ・アップにより進塁しても、犠飛とはなりません。「タッチ・アップ」とは、走者がいる状況でフライやライナーを野手がノー・バウンドで捕球した場合、走者は捕球後、いったん自らのいた塁にタッチすれば、次塁に進塁できるということです(リタッチ義務が発生)。
タッチ・アップにより進塁した走者のスコアには、Bのようにフライを放った打者の打順を○で囲んで、どの打者のフライで進塁したのかを示します。

」: 犠牲バント失敗。犠牲バントを試みたが、塁上の走者が次塁でアウトとなり、進塁できなかった場合、「◆」の記号で表します。


8) エラー・野選・妨害
E」: エラー(失策)。野手が通常であればアウトが取れる打球を、自らのミスによってアウトにできなかった場合、当該野手の守備位置番号にエラーの「E」を加えて、「6E」のように表現します。

FC」: 野手選択(フィールダーズ・チョイス)。野手が通常であれば一塁でアウトが取れる打球を、先の塁へ向かう走者をアウトにしようと送球し、結局全ての塁がセーフになってしまった場合、野手の選択が悪かったということで、「野手選択(野選; Fielders Choice)」と呼び、英語の頭文字を取って、「FC」と表します。

#」:
IF」:
打撃妨害(インターフェア)。捕手のミット等が打者のバットに当たった場合などに、球審が「打撃妨害!」または「インターフェア!」と宣告します。この場合、球審はタイムをかけて打者に一塁への進塁を与えますが、打者の放った打球がヒットであればそのまま流し、攻撃側に有利な結果を優先します。

OB」: 走塁妨害(オブストラクション)。野手がプレーとは関係のないところで、走者の走塁を妨害した場合、審判員が「走塁妨害!」または「オブストラクション!」を宣告し、妨害がなければ走者が進塁していたであろう塁までの安全進塁権を走者に与えます。「オブストラクション(Obstruction)」の頭文字を取って「OB」と表します。

IP」: 攻撃側の反則行為によるアウト。主なものは守備妨害で、走者や打者走者が、故意に守備を妨害したり、打球に当たったりした場合に、審判員は「守備妨害!」または「インターフェア!」と宣告し、妨害した走者・打者走者をアウトとします。「Illegal Play(反則プレー)」の頭文字を取って、「IP」と表現します。また、走者が前の走者を追い越した場合なども、反則行為となり、「IP」で表します。


9) ヒット
シングル・ヒット

 :シングル・ヒット
   (単打)


二塁打

 :ツーベース・ヒット
   (二塁打)


三塁打

 :スリーベース・ヒット
   (三塁打)

本塁打

 :ホームラン
   (本塁打)


内野安打

 :内野安打


B」: セーフティ・バント等、打者が行ったバントがヒットとなった場合、「バント」の頭文字を取って、上記内野安打のマークに守備位置番号と「B」で「B5」のように記入し、バントによるヒットであることを区別します。

T」: ふらっと上がったフライが野手の間にポテンと落ちる「テキサス・ヒット」または「ポテン・ヒット」はTexasの頭文字を取って、「T」で表し、近い位置の野手の守備位置番号の前に「T」をつけます。


10) 選手交代
PH」: 代打(ピンチ・ヒッター)

PR」: 代走(ピンチ・ランナー)

P」: 投手交代(ピッチャー交代)


11) その他
打者一巡してしまった。次の回以降の数字を訂正して、書き直します。
例えば、1回に打者一巡した場合には、2回の欄の「2」を訂正して、「1」と書き直します。


ページトップへ


2. 守備位置 < 3. 用語と略号・記号 > 4. 1打席分の記入


Copyright (C) 2011 Tawaraguchi Ocean & Phoenix  All rights reserved.